So-net無料ブログ作成

現場に降る雪 [家]

今日もいい天気

 

現場で写真をパチリ

 

ん? 

 

ほんと、写真だと雪のように見えます。

現場はホコリだらけ。

資材くずと言ったらいいのかな?

肉眼ではほとんど見えないけど、

フラッシュで光るんですね。

 

長い間ここにいたら鼻毛が育ちそう。

 

職人さんたち、マスクもしないで、

健康に害はないのでしょうか。

ちょっと心配です。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

バルコニーのアクセントとして小さな開口を3ヶ所。

 

 

でも、近くに行ってみたら息子の上半身がすっぽり入るサイズ。

 これじゃ、キケンってことで対策を。

  

“パンチングメタル”ってやつですかね。

ここまで塞がなくても・・・と思ったけど、

主人は気に入った様子。

それなら、私も納得。

 

 年内に完成予定なのに、

まだ外壁が一枚も貼られていない。

なのにフローリングが貼られている。

なんだか心配・・・

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

気分転換になった映画。

 

 “ジョゼと虎と魚たち”

 

主演の妻夫木聡池脇千鶴がすごくいい。

現実的で、ぐっときて、キュンとして、フー

説明になってませんが・・・・・

あまり先入観を持たず、気楽に見てください。

オススメです

 

 

 


幼稚園服採寸&注文! [イベント]

先週、そうの園服採寸がありました。

 

そうは会場の雰囲気だけで半べそ状態、

帽子を手に取ると泣き出し

かぶせようとすると逃亡を図りました。

 

制服は採寸おじさんの意見を聞いて120サイズ。

(だいぶ大きそう・・・)

「袖はつめて、ボタンの位置も付け替えてくださいね」

案の定、言われた。すでにプレッシャー

 

注文するものもいろいろあって、

冬帽子\2,300、冬制服\7,800、ブラウス\1,550、半ズボン\4,000・・・

カバン\3,600レインコート\2,350・・・

体操半袖シャツ\2,000、ショートパンツ\1,900・・・・・・・・・

 

しめて \57,500

 

私の方が逃亡したくなりました。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 

朝起きて、そうの第一声

 

「さいしょは、こんどはゾウ

このつぎは何を怖がる

 

母「・・・・・」

 

注:トーマスのお話「トンネルの中のかいぶつ」でのゴードンのセリフ

・・・だったと思う。

 

きっと夢の中でもトーマスの物語が繰り広げられているのでしょう。

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

 

入浴中、そうがむせて咳き込んだ時、

口から何かがぴゅーんと飛び出して、床に落ちた。

 

「何が出た?」

 

なっとうだよ」

 

母「・・・・・」

 

 

よりによって、そんな物出さなくても・・・

 

 

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

眠れない。。。 [なんとなく]

眠れない。

 

襖を隔てて隣りの部屋で寝ている主人ののようなイビキと

すぐ隣りで寝ている息子のイビキ。

 

ここのところ息子は、眠ると鼻がつまるようだ。

そして、やはり呼吸がしにくいらしい。

「ガッ、ガッ、ガッ・・・・・ガルルルルル!」

 

 

苦しそうなので起こして鼻をかませようとしても、まったく起きてくれない。

しかも、こんな日に限って嫌な夢でうなされるし。

「主人が呑んだくれてやりたい放題」そんな夢。

変な汗かいてるし。

 

 

眠れないよー


nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

叱る [なんとなく]

上野動物園で気付いた事、感じたこと。

 

祝日だったのでたくさんの親子連れでにぎわっていた。

だけど、楽しそうな声より、「叱る声」がよく聞こえてくる。

 

子供はとても嬉しくて、じっとしていられないという感じ。

だから親はついつい声が大きくなってしまう。

 

「コラ!」

「走っちゃダメ!」

「そっち行っちゃダメ!」

「早く来なさい!」

 

あちこちにある記念撮影ポイントでなんか・・・

 

「順番待ちなさい」

「早く行きなさい」

「ちゃんとポーズしなさい」

 

挙句の果てに

 

「もっといい顔しなさい!」

 

 

 

親も一生懸命なんですよね。

 

でも、悪さをした子供にしっかりお説教して、

号泣しているのに許さない親とか、

子供を叩いている親を見たとき、

淋しい気持ちになりました。

 

 

もちろん、悪いことは悪いとキッチリ教えるべきで、

野放しにしておいたらよくないとは思う。

 

だけど、これじゃ、せっかくの楽しいお出かけが、

辛い思い出になってしまうんじゃないかな。

 

せっかく思い出をつくりに来ているんだから、

楽しい思い出をいっぱい作ってあげたい。

また来たいなーって思わせてあげたい。

 

                

 

勢いで買っちゃいました

 

届くのが楽しみです


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

上野動物園に行ってきました!

そうの大好き動物ランキング。

1.ゾウ

2.カバ

3.カメ

 

とにかく、ゾウが大好きなので、

園内の売店でゾウのパペットを購入。

 

噴水前でパチリ

 

 

 

動物写真館 ~ うしろすがた編

 

何かをアピールしているコンドル

 

くつろいで入浴しているシロクマ

 

小動物に追い詰められたシマウマ

 

 たそがれるゴリラ

 

ヒップが妙にセクシーなゴリラ

 

とりあえず、こんなところです。


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

笑顔 [なんとなく]

親子の会話。

 

私 「そうちゃん大好き」

そう 「かあちゃん大好き

 

これを3回くらい繰り返す。

 

これを1日3回くらい。

 

そんな毎日です。

 

 

今日は少し変えてみました。

 

「そうちゃん大好き」

 

「かあちゃん大好き」

 

「かあちゃんのどんなところが好き?」

 

「かお」

 

「どんな顔が好き?」

 

「笑った顔

 

 

 

何気なく聞いてみただけだったのに、

いろいろ考えさせられました。

 

いつも笑っていたいのだけれど、

多分、怒っている顔と、無表情に家事をこなしている顔。

大半がそんな顔。

 

そうに怒られないように、

もっと笑っていたいと思う。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

引越見積り依頼するとき知っておいた方がいい事 [家]

私は今まで4回引越をしているけど、

業者に依頼したことは一度もなく、

親や友達に頼って済ませていた。

 

なので、今回が初めて引越見積り依頼だったわけです。

 

近々引越しをお考えの方、参考にしていただければ幸いです

 

 

 見積もりして気付いた事 

 

ネットで見積り依頼すると5分以内に電話がある。

  早業です。

 

引越の1ヵ月半以上前だと見積もりに来てくれない会社が多い。

  基本的に即決を狙って訪問見積りに来るので、

  引越までに時間があると、保留にされることが多く無駄足から

 

時間フリー便にすると約40%安くなる。

  午前中に引越しを終えたメンバーで、その日2回目の作業になるので、

  午後2時ごろから始まって7時(時には深夜)頃までかかる。

  あまりに遅くなってしまい、怒ってキャンセルするお客もいるらしい。

  でも、時間に余裕があるなら絶対お得

 

「100%正社員」と言ってもあてにならない。

  免許証程度で簡単に採用している場合がある。

  各社それぞれ「正社員」とか「戸建て専門」とか

  いろいろ呼び方があるので、一概に良し悪しを判断出来ない。

  ベテランに来てもらいたいのはやまやまだけど。

 

訪問見積りに来たらあとは引越当日まで来ない

  自分で引越もこなす営業マンが来て、

  荷物の量を見極めて、人員梱包資材の量を割り出し、

  廃棄するものを含めて金額を算出し、見積書を作成する。

  そこに作業員への指示や注意事項なども記入して完了

  そこで即決できれば梱包資材を置いて帰る。

  これで本当に当日大丈夫なのかとチョット不安・・・

 

 

 

予備知識がほとんどない状態だったので、

今回、いろんな事を知る事が出来ました。

引越業界も家電量販店業界のように

“他店より1円でも安く”の世界なのですね。

 

本当にご苦労様です。

 

 

                

おまけ

『引越見積り』ドキドキハラハラ大作戦

 

訪問見積りの時、時間をずらして来てもらう人が多いと思うけど 、

気になる全ての業者同じ時間に呼んで、

互いに競ってもらうのです。

 

同じ作業でも金額に含まれていたりオプションだったり、

(ex.洗濯機取り付け)

条件の整理と比較が一目瞭然だし、

なにより、値下げ交渉全社その場で出来る。

 

時間をずらして呼んでいたのに、

先に来た営業マンにしぶとく粘られ、

次の会社の営業マンが来てしまったりした時に

このような交渉会議か行われているようです。

 

機会があれば一度やってみたいかも。

でも、もう多分ないな・・・残念。

 

 


引越見積り-さくら引越センター [家]

アリさんの翌日、さくら引越センターの営業マンが来た。

30代後半くらいの男性。

 

名詞と一緒に“1万年純水2リットル×2本”くれました。

 

 早速、荷物のチェックをはじめ、

一通り見たところで聞いてきた。

 

「もうどこか見積り取られましたか?」

 

アリさんに来てもらいました」

 

いくらって言ってましたか」

 

73,500円です」

 

「うわっ、すごいですね。安いですね・・・分かりました」

 

「それでは、68,250円でいかがですか」

 

正直、アリさんより下がるとは思っていなかった。

この値段なら即決したいところだが、

やはり主人の了解がないと事後報告はもめそうなので・・・

 

「それでは、主人と相談して決めたいと思いますので、

後日連絡させていただきます」

 

「そうですか・・・この値段は即決いただいた場合の値段でして・・・

 やっぱり、どこも即決しないと渋い顔をするのね・・・

 

「今、ご主人と連絡取れませんか」

「遅くても、今日中に連絡くれませんか」

 

 

いろいろ言われたけど、やっぱり即決は無理。

結論をあせられるような事を主人に言うと、

それだけで、決まるものも決まらなくなってしまう恐れあり。

 

結局、即決金額のままで

明日の午前中くらいまでは保留しておいてくれる事に。

 

ここまで下がれば、金額的には満足

あとは、アリさんさくらのどちらにするかという事だけど、

さくらの方は食器を梱包する資材も無料で持ってきてくれるとの事。

「新聞とかで包むと欠けやすいし、結構汚れるんですよ」

確かに、持って行った食器を全部洗いなおすのは避けたい。

さらに、照明器具の取り外しや、

かけてある絵画の梱包もすべてやってくれると言う。

いろんな所をしっかり見て、「すべてお任せ」ムードで心強い

 

私に気持ちはさくらに決定しました。

 

さくらの営業マンが帰宅した後で、主人にメールした。

簡単に経過報告し、さくらにしたいと伝えると、返事が来た。

 

「そういうことならいいとおもいます」

 

 と言うことで、我が家の引越はさくら引越センターに決まりました。

 

 

見積り取るだけで結構疲れましたが、

引越しが具体的になって、ちょっとスッキリ。

まだ1ヶ月以上もあるから、少しずつ片付けようと思います。

 

 

                

おまけ

ここのところ業者の人がよく我が家に来た。

見積もりの件など、座って話をし始めると、

そうが必ず間に割り込むように座って、

一緒にお茶をすすっていた

 

業者の人が帰るそぶりを見せると、

自分が先に立って、玄関を開けて、明るく「バイバ~イ」

 

どういう心理状態だったのでしょうか・・・

 

 


引越見積り-アリさんマークの引越社 [家]

ネットで見積り依頼をしてから1時間ほどで

アリさんマークの引越社の営業マンが来た。

20代後半くらいの男性。

名詞と一緒に、あの“ジュンヴィ ボックス”もくれた。

 

そして、早速荷物のチェック。

一通り見たところで、見積もりを書き始めた。

 

書きながらアリさんが聞いてきた。

「だいたい、いくらくらいだと思いますか」

 

これは、予算を聞き出そうとしているのかしらと思いつつ、

「業者さんに頼むのは初めてなので・・・」

とか言って、言葉を濁した。

 

「朝から作業して、このくらいです」

確か、13万弱だった。

 

「午後便だと、サービスして・・・73,500円です」

 

正直、そんなに安くなるとは思わなかった。

「じゃ、これで主人と相談してみます」

と言ったとたんに顔色が変わった。

 

「これだけ安くしても、決めていただけませんか」

 

「あしたもう1社来てもらうことになっていますし、

主人に相談しないと、私だけでは決められません

主人は今出張中で、週末に帰ってきますので、

相談して週明けには連絡します」

 

説明しても、聞いているのかどうか、うわのそら状態のアリさん

 

それほど粘られるわけでもなく、お引取りいただきました。

 

                

おまけ

“ジュンヴィ ボックス”の中身は・・・

 

 ティッシュ、キッチンクリーナー、マグナムドライ試飲缶 で・し・た。


引越し見積り-見積り依頼の巻 [家]

引越まで2ヶ月をきったので、

引越見積もりをとることにしました。

ネットの一括見積もりサイトは入力が大変そうだからやめて、

直接、業者のHPにアクセスする事に。

 

まずは、友達が最近使ったさくら引越センター

きっといいのではないかと勝手に信じ、

以前入ったチラシを見ながら、HPにアクセス。

住所などを入力して送信。

送信後、1分以内に確認メールが届く。

まぁ、これは自動送信だろうから。

送信後、5分くらいで訪問見積りの日程確認電話が入る。

あまりの速攻作戦にビックリ

やさしい声のお姉さんが「明日お伺いできますがいかがでしょう?」

ということで、翌日の午後に来てもらう事に。

 

次に、クチコミサイトなどを見て、アリさんサカイをピックアップ。

 

サカイのHPを見ると、以下のコメント。

お見積もり受付は引越予定日の1ヶ月~1ヶ月半前より

受付させて頂いております。

 

うちはまだ1ヵ月半以上あるので、念のため電話確認することに。

「1ヵ月半以上だと見積りしてくれないんでしょうか」

 

関西弁のお兄さんが「来週でいいんじゃないでしょうか」

 

なんだか出鼻をくじかれたようで、ガッカリ

 

「では、結構です」

 

サカイはやめておこうかな~みたいな気分。

 

次に、アリさんのHPにアクセス。

住所などを入力して送信。

送信後、1分以内に確認メールが届く。

まぁ、これは自動送信だろうからね。

送信後、5分くらいで訪問見積りの日程確認電話が入る。

 

みんな速攻作戦なのね

 

やさしい声のお兄さんが

「お見積りありがとうございます。こちらインターネットの窓口です。

後ほど担当店の方から電話をさせて頂いてよろしいでしょうか」

 

ものすごく丁寧で、好印象 

早速電話が来て、1時間後に来てくれる事に。

 

見積りのお話は次回につづく


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。